Green7_hissyou20141123180454-thumb-1000xauto-17841

アドセンスアフィリエイトで稼ぐには、その分野の専門家になるのが一番手っ取り早いです

 

 

アドセンスアフィリエイトで稼ぐためには闇雲にサイトを作成するよりも、その分野を極めたサイトやブログを運営する方が、アクセスが増えてサイト滞在時間が長くなります。

 

 

その分野に興味のある訪問者は、運営している人がその道の専門家だったり、自分の知らない情報が豊富に載っていたりすると、どんどん引き込まれていきます。

 

 

訪問者のページビューが増えれば、グーグルの検索エンジンに好かれて上位表示されやすくなります

 

 

グーグルの検索エンジンで上位表示させるようになれば、さらにアクセスが増えて収益が拡大します。

 

 

一度歯車がかみ合うと一気にいいスパイラルに入る

 

 

アドセンスアフィリエイトで大切なのは、とにかくアクセスを集めることに尽きるので(細かいテクニックはありますが・・・)価値のある情報を記事にしてどんどん投稿する必要があります。

 

 

ではどうすればその分野上位1%の専門家になれるのでしょうか?

 

 

不動産なら不動産の知識、健康なら健康の知識、料理なら料理の知識、世界遺産なら世界遺産の知識、野球なら野球の知識・・・

 

 

もしあなたが、仕事や趣味でその分野に造詣が深く、人に教えられるぐらいの知識をはじめから持っているのでしたら、迷わずその分野のアドセンスサイトを立ち上げることをオススメします。

 

 

自分が好きな分野なら長く続けられると思いますし、ネタ切れの心配もありません

 

 

人の知らないことを記事にすることこそが、一番アクセスを集められますし、アクセスも長い期間安定します

 

 

ではアドセンスアフィリエイトをしようと思っているテーマにまったく詳しくなかったら稼げないのか?といいますとそんなことはありません。

 

 

管理人は知識0の状態からでもその分野の上位1%以上の知識を身につける方法を知っています。

 

 

実際その手法を実践してアドセンスアフィリエイトで稼ぎ続けています。

 

 

仕事や趣味で詳しい分野よりも、アクセスが集められそうな自分の知らない分野の方が稼げる場合があります

 

 

その方法を実践すればどの分野でも圧倒的に稼げてしまう最も簡単でシンプルな手法

 

 

あんまり引っ張ってもしょうがないのでお伝えします。それはどんな方法かといいますと・・・

 

 

その分野の本や専門書をブックオフやアマゾンなどから片っ端からかき集めることです

 

 

そして毎日読んだ分(インプットした分)自分の中でわかりやすく噛み砕いて記事にしていく(アウトプット)するだけです。

 

 

これでなぜその分野上位1%の専門家になれるのか?

 

 

まず学んだこと(インプット)したことは、人に話したり、紙に書いたり(アウトプット)しないと記憶に定着しません。

 

 

アドセンスブログに勉強した読者の知りたい内容を、記事として書いて行けば、記憶に刷り込まれていきます。

 

 

その分野の本を片っ端から集めて読むだけで、その分野の専門家並に知識が手に入ります

 

 

なぜならその分野の知識が書いてある本たくさん読む人はほとんどいないため、すぐにその分野で周りの誰よりも詳しくなれるのです。

 

 

しかもアウトプットすることで記憶に定着しているので、アドセンスブログが完成する頃には、その分野の専門家並の知識を手に入れていることになるのです。

 

 

最初は何も知らない分野でも勉強しながらお金を稼げたら最高ですよね。

 

 

普通は学校にや塾に行って、お金を払って知識を身につけるのに、半自動で稼げるアドセンスブログが完成する上に月数十万稼げるようになる可能性があるのです。

 

 

管理人の例でいうと、宅建の資格を取る時に、毎日勉強したことをアドセンスブログに書いていました

 

 

そのサイトは今は更新していませんが、いまだに毎月3万円~5万円稼いでくれる貯金箱サイトです。そして宅建の試験にも合格しました。

 

 

こんなサイトを複数所有出来たら、サラリーマンをしているのなんてアホらしくなってしまいますよね。

 

 

投資するのは古本屋で仕入れる本の代金のみで、何十倍にもなって未来からお金が降ってきます。

 

 

しかも知識の分野によって極めれば、女の子にモテる分野もあるのですよ(笑)

 

 

わからないことがありましたらご質問ください。管理人にわかることでしたらお答えします。

 

 

それではまた

 

関連記事はコチラ