refugees-1020255_640

アドセンスアフィリエイトで稼ぐためには短期的にアクセスを集めるキーワードと季節ごとのキーワードを散りばめると効果的

 

 

アドセンスアフィリエイトで資産になるサイトを作成するために、管理人の手法は長期間安定して検索され続けるロングレンジキーワードを狙ってサイトを作成しています。

 

 

なぜならその方が、最初のアクセスの伸びは悪いが長期間検索され続けるため、長い目で見て稼げるサイトになるからです

 

 

ただアドセンスアフィリエイトを始めた最初の内は、ロングレンジキーワードで挑戦してもライバルが強いため勝ち目がありません。

 

 

アクセスが思ったように伸びなくて収益が増えずに、アドセンスアフィリエイトをやめてしまう人がいるのも事実です

 

 

管理人はアドセンスアフィリエイトを作る時、自分のサイトテーマにあった短期的にアクセスを集めるキーワード(トレンドキーワード)が見つかれば意図的に入れるようにしています。

 

 

例えば私の場合、不動産関係のアドセンスサイトを所有していますので、横浜のマンション傾斜問題の時は、その販売会社、施工会社、杭打ち業者、マンション名、販売戸数、築年数・・・・などなど一瞬ですべてがお宝キーワードに変わりました。

 

 

現在はそこまでアクセスはありませんが、未だに「正しいマンションの見分け方」や「マンション販売業者に聞く10の質問」「自分が家選びで失敗しないために行う7つの方法」など・・・

 

 

様々な記事のアクセス数が伸び始めて全体のアクセスの底上げを行ってくれています。

 

 

短期的にアクセスを集めるキーワード(トレンドキーワード)から来た訪問者を次回も来るリピーターにすることに成功しているわけです

 

 

テーマにもよりますが、世間を揺るがすような事件・事故が起こった時の世間の人の検索数は異常に増えるので、キーワードを早く仕込めればアクセスは確実に伸びます

 

 

短期的なトレンドキーワードをすぐに仕込めるとアクセスを集めるだけでなく、全体的なアクセスの底上げにもつながるので、寿命の短いトレンドキーワードも意図的に入れるようにしましょう。

 

 

季節ごとに検索され続けるキーワードも、1年の内でその時期が来ると必ず検索されるキーワードになるため、早めに仕込んでおくとかなりおいしいボーナスになります。

 

 

季節ごとにアクセスを集めるキーワードは、ライバルが少ないこともあり、アクセスが集めやすいキーワードになります

 

 

夏祭りなどのキーワードなら春までに仕込んでおいて、ハロウィンなどのキーワードなら夏ごろに仕込んでおくのがベストでしょう。

 

 

季節ごとのキーワードは、来年も再来年も季節が来るごとに検索され続けるので、長くアドセンスアフィリエイトサイトを運営すればするほど稼げるサイトに成長していきます。

 

 

アドセンスアフィリエイトを運営していて、アクセスが伸び悩んだら一度実践してみてください。

 

 

それではまた

 

関連記事はコチラ