jsk542_manken_tp_v

アフィリエイトで稼ぐ人とアフィリエイトで稼げない人の違いは何か?

 

 

当ブログによくある質問で「いくら稼げばアフィリエイトのみで生活できますか?」というものがあります。

 

 

これは人によって月々かかるランニングコストが違うため、一概には言えないのですが、アフィリエイトで月100万円稼ぎたいとメールをくれる人が一番多いです。

 

 

「アフィリエイトで月100万円稼ぎたい」と言っている人と「アフィリエイトで月36万円稼ぎたい」と具体的に言っている人では、どちらが早く安定的に稼げるようになるかわかりますか?

 

 

・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・・

 

 

答えは後者の月36万円稼ぎたいと具体的に言っている人の方が早く安定的に稼げるようになりました。それはなぜか?

 

 

なぜならアフィリエイトで稼ぐ目的が明確なため、まっすぐブレることなく突き進めるからです

 

 

アフィリエイトで月100万円稼ぎたいと言っている人は、漠然と「そのぐらいあれば遊んで暮らせるぞ」ぐらいしか考えていないケースが多いです。

 

 

こう言う人は、他にも稼げそうな情報が他から入ると、その作業を放り出して他の作業をしてしまうため、稼げないことが多いのです。

 

 

ところが、月36万円稼ぎたいや月●●円稼ぎたいなど金額が具体的な人は、目標も目的も明確なので稼ぐための最短ルートを進んでいきます。

 

 

月36万円稼ぎたいとメールとくれた方は、家賃がいくらで、自分の生活費がいくらで、携帯電話がいくら・・・と事細かく書いてあり、その上で月36万円あればサラリーマンをやめても大丈夫という根拠とともに書いてありました。

 

 

こういう方は、アドセンスアフィリエイトならアドセンスアフィリエイト、アダルトアフィリエイトならアダルトアフィリエイトと決めたら一つの手法を、とにかく稼げるまで実践し続けます。

 

 

稼げる手法が出たらどんどん飛び移るより、半永久的に稼げる一つの手法を極めた方が、遠回りのようで近道なのです

 

 

前者と後者の人の差は何かといいますと・・・

 

 

それは「覚悟の差」です

 

 

アフィリエイトは立派なビジネスであり、ネットビジネスで年収1000万円稼いでいる人は私の知り合いだけでも山ほどいるので、全国的にこっそり稼いでいる人は数えきれないほどいます。

 

 

あなたが当ブログを読んでアフィリエイトを始めてみようと思ったなら・・・

 

 

3か月間は真剣に取り組んでみてください。人生のたったの3か月間だけでいいです。

 

 

当ブログで推奨している手法を3か月真剣に取り組んで、1円も稼げないという事は考えられないことですが、もし1円も稼げないならネットビジネスは諦めた方がいいかもしれません。

 

 

3か月後に稼げなくてもそのまま放置しておくと、ある日急に報酬が発生するということもネットビジネスではよくあることなので、3か月間で作成したサイトは閉じないようにしましょう。

 

 

今はわからないかもしれませんが、稼げるようになると私の言っている意味がわかってくると思います。

 

 

24時間あなたの代わりに稼ぎ続けてくれるのが、ネットビジネスの醍醐味であり、資産構築につながるのです

 

 

3か月かけて真剣に作成したサイトは必ずあなたの資産になります。

 

 

初心者の内は、やたらと訪問者の数を気にして落ち込んだり、アクセス解析とにらめっこしたりしますがそんな時間があったらどんどん作業しましょう。

 

 

学生時代に試験勉強や受験勉強をしたことがある人なら、きっと出来ます。

 

 

なぜなら学生時代の勉強よりも効果が早く出て、お金が稼げるようになれば面白くなるから・・・

 

 

受験勉強を1年間しても浪人する人は浪人します。学校の定員数が決まっているので仕方がないのですが競争社会です。

 

 

ところがネットビジネスで1年間頑張れば、少なく見積もっても月30万円、普通にやれば月100万円達成できるのです

 

 

しかもキャパが大きいので、今アフィリエイトを始めようとしている人はもれなく稼げます。

 

 

人生をかけて受験勉強した人なら、今度は人生をかけてアフィリエイトの勉強をしてみてください。

 

 

勉強よりもシンプルで、お金につながるためやりがいも十分ですよ。

 

 

アフィリエイトは稼げるという事実を知っているか知らないか?

 

 

この壁は越えていますので、あとはやるかやらないかだけです。

 

 

アフィリエイトは稼げるという事実を知っている人や怪しんでいて実行しない人が、日本人の90%以上ですので、あなたはすでに上位10%に入っているという自覚を持って頑張りましょう。

 

 

それではまた

関連記事はコチラ