INA99_saifuaketara1en-thumb-1000xauto-15855

アフィリエイトで稼いだお金の使い道を考えておく

 

 

アフィリエイトで稼げるようになったらお金を何に使いたいですか?

 

 

 

おそらく最初は好きな物を買ったり、旅行に行ったりしたいと漠然といろいろ考えていると思います。

 

 

 

管理人は2007年にインフォプレナーとして、不動産の情報商材を3作品発売した過去があります。

 

 

その当時は情報商材を発売すれば、大体ヒットしてネットビジネス初心者でも数千万円簡単に手にすることが出来た時代でした。

 

 

特にお金を稼ぐ系の情報商材や投資系の情報商材は内容がペラペラでもかなり儲けていたようです。

 

 

管理人はかなりニッチな不動産分野で商材発売したのですが、不動産ミニバブルと重なり、運よく3部作合計で数千万円稼ぐ事が出来ました。

 

 

ネットで大金を稼いだまでは良かったのですが、その後の行動が今思えばよくなかったです。

 

 

ネットで大きく稼いだ税金は次の年に重くのしかかる

 

 
日本は累進課税制度なので、ネットで大きく稼いだ場合、次の年に税金で大きく持っていかれます。
 

 

インフォプレナーで儲けた私はかなり浮かれていました(笑)

 

 

税金の知識もないので、かなり豪遊したり、車を買ったり、旅行に行ったり、引っ越しをしたりと無駄金を使いまくりました・・・。

 

 

インフォプレナーとしての収入もその3部作でネタが尽きてしまったので、その次の年、税金によりインフォプレナーを始める前よりも貧乏になってしまいました。

 

 

この経験から言えることが2つあります。

 

 

ネットで稼いだお金は計画的に残さないと残すことが出来ない

 

 

アフィリエイトは頑張っていると、ある時に一気に収入が爆発して、見たことのないような大金を稼ぐ事が可能です。

 

 

そこで私のように浮かれて使ってしまうとお金も残りませんし、その後簡単に稼げる方法ばかりに目がいってしまい、ノウハウコレクターになってしまうかもしれません。

 

 

よく野球選手が何億円という年俸をもらっていたのに、引退後も働いているのは計画的にお金を残せていないからだと思います。

 

 

お金を使うのは簡単ですが、残すのは難しいです

 

 

新しいアフィリエイト手法やノウハウを買うための前向きな投資やツールの購入は、活きたお金の使い方なので、どんどんしていいと思いますし、経費で落ちますのでご安心ください。

 

 

アフィリエイトでお金が稼げるようになったら、さらに稼げる手法に投資すると収益が加速します。

 

 

管理人は今でも毎月かなりの数の情報商材やツールを購入します。

 

 

ダメな商材も多いですが、一つでもヒットすれば簡単に回収できますし、それが不労所得になれば活きたお金の使い方なので、投資成功です。

 

 

継続して稼げないアフィリエイト手法は実践しない

 

 

1回のみ大きな金額をネットで稼ぐ事は割と簡単です。

 

 

ところがその収入を維持しつつ、少しずつ右肩上がりに増やし続けるのは至難の業です。

 

 

しかもほとんど更新することもなく、半自動で稼ぐ続けるサイトを作れたら、生活はかなり安定します。

 

 

1発屋で終わると次の年の税金も払えないですし、精神的にもつらいことを身をもって経験しました。

 

 

アフィリエイトをするからには、稼ぎ続ける手法を実践して、毎月同じ額以上の金額を稼ぐことを目標に頑張っていきましょう。

 

 

一度の成功でその後消えてしまったインフォプレナーやアフィリエイターをたくさん見てきましたが、どの人もその一時だけ使える手法に頼って、本物の稼げる力を身につけていませんでした。

 

 

昔は小手先のブラックSEO対策で充分稼げた時代もありましたが、今ではまったく通用しません。

 

 

時代もユーチューブやSNSを取り入れた稼ぎ方に変わりつつありますが、本質の稼げる力は今も昔も変わりません

 

 

ネットで稼ぎたいなら訪問者を信用させるライティングスキルと集客スキル、キーワード戦略を学ぶのが、将来的に渡って稼ぎ続けることのできるスキルであることは間違いありません。

 

 

そのスキルの身につけ方は当ブログで細かく解説しています。

 

 

私のオリジナルコンテンツである「百花繚乱」ではさらに掘り下げて詳しく解説しています。

 

 

管理人オリジナルコンテンツ「百花繚乱」詳細はコチラ

 

 

ご興味ありましたら受講して、アフィリエイトで本当に稼げる力を身につけてください。

 

 

それではまた

 

関連記事はコチラ