tax-consultant-1249531_640 (2)

アフィリエイトで月300万円超えるとどうなるのか?管理人はこうしました

 

 

アフィリエイトで月300万円以上稼げるようになり、2年半が経過しました。

 

 

月400万円超えた月もありましたが、平均すると月300万円以上のアベレージを安定して稼いでいます。

 

 

「アフィリエイトを含めたネットビジネスは不安定だ」なんていう人がいますが、まったくそんなことありません。管理人の実績が証明しています。

 

 

今月も、先月の繰り越し分の報酬確定やライフタイムコミッションですでに100万円を超えています。

 

 

月の初めに100万円の収入が確定していると、安心してアフィリエイトをすることが出来ます。

 

 

先月は本業?というか経営している不動産会社の方でバタバタしていたので、アフィリエイトにさける時間はいつもの3分の1ぐらいだったのですが、ほとんどほったらかしでも月300万円下回りませんでした(むしろグーグルの順位が各サイトすべてで軒並み上がったので400万円超えました)

 

 

最近の私の悩みは・・・

 

 

「お金はあるけど本業の不動産会社経営があるため、好きに使える時間が他のアフィリエイターに比べて少ない・・・」

 

 

ディズニーランドの年間パスポートがあるのに、まだパスポートの金額分もディズニーランドに行っていないことに気が付いた時にある決断をしました。

 

 

「そうだ!会社を売ってネットビジネスに専念しつつ、もっと人生の時間を有効に使おう」

 

 

ということでかなり時間がかかりましたが、経営していた不動産会社を無事売却し、人生にものすごい時間が使えるようになりました。

 

 

今まで旅行は3泊で行ける場所までで選んでいましたが、これからはノートパソコン1台持っていけば1週間でも1か月でも旅行できます。

 

 

ネットビジネス法人と所有している2棟のマンションの資産管理会社は今後も継続して続けていきますが、税理士さんとタッグを組めば、一人で運営できるので気が楽です。

 

 

人生の時間は意外と少ないのでおもっきり楽しまないと損なのか?

 

 

30代後半にさしかかり、青春時代に見ていた芸能人や著名人が亡くなったニュースを見ていると、「人生の時間は意外に少ないな・・・」と感じるようになってきました。

 

 

1度きりの人生なので、出来るだけ自分が行きたいと思った場所ややりたいと思ったこと、食べたいと思ったものを食べて、自由に生きたいと思ったのです。

 

 

特にアフィリエイトだけで月300万円超えてからは、さらに強く思うようになりました。

 

 

月300万円という目標は、私が最後に勤めていた会社の2代目若社長がもらっていた給料でした。

 

 

アフィリエイトを始める時、「この気の合わない若社長の給料を抜くぞ」というのが当初設定していた目標だったのです。

 

 

今その会社は、社員をないがしろにしすぎてしまい、全員同じ月にやめてしまったため、不動産が売れずに倒産寸前までいったそうですが、持ちこたえて今は細々やっているそうです。

 

 

この間街で偶然見かけた時、100キロあった若社長の体重は心労で60キロまで落ちていて、少し話をしましたが、資金繰りがかなり苦しいようです。

 

 

アフィリエイトより現実世界の会社経営の方が安定しない

 

 

新規に立ち上げる会社の9割は10年後には倒産しているか、なくなっているそうです。

 

 

若社長と会って、当時栄華を極めていた人のみすぼらしい姿を見た時に、私の考え方も少し変わったのかもしれません。

 

 

当初の私は・・・

 

 

アフィリエイトでサラリーマン以上の収入を稼ぐ ⇒ サラリーマンの内にサラリーマンの信用でマンションを1棟買う ⇒ 会社を作り経営する

 

 

というのが目標で突き進んでいましたが、人を雇った会社経営は思ったより時間とお金がかかることがわかりました(根が真面目で手が抜けない性格なので)

 

 

ところが、アフィリエイトとマンション大家業はほとんど手がかからないので、本当に不労所得に近いなと感じています。

 

 

マンション2棟は管理会社に委託しましたので、これからはアフィリエイトに専念出来ます(旅行もいっぱいする予定ですが・・・)

 

 

銀行の信用も2つの会社とマンションオーナーという肩書で問題なく、お金を借りることができます。

 

 

これから読者のみなさんにはさらに稼げる方法や稼げる商材が出たらどんどん紹介していく所存です。

 

 

まずはディズニーランド行きまくります(笑)(パソコンは持っていきますのでいつでもお問い合わせください)

 

 

それではまた

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます