GREEN_NO20140125-thumb-1000xauto-16651

出会い系アフィリエイト初心者が陥ってしまう失敗

 

 

出会い系アフィリエイトを始めると決意したからには「必ず稼いでやる」「稼げるまでやめないぞ」ぐらいの気持ちで挑んでもらいたいものですが、何となく楽そうだからと出会い系アフィリエイトに参入する人には、稼ぐための心構えが出来ていないので間違った道にはまってしまうが多いです。

 

 

出会い系アフィリエイト初心者が陥る負のスパイラル

 

 

・簡単に稼げると思っているため一つのやり方を消化することなく、新しいやり方が出たら目移りしてしまうため稼げない

 

・稼げないことをやり方のせいにしてしまい、試行錯誤することがないため稼げない

 

・新しいやり方に目移りするあまりに自分の考えがまとまらず、何をすれば稼げるのかわからなくなる

 

・記事を書けない、集客が伸びないなどつらい時期が1ヶ月も続くと諦めてしまうので稼げない

 

・初めの内からアクセス解析を眺めたり、ライバルサイトのデザインを気にしたりと、作業の順序がおかしいため稼げない

 

・作業を楽にするソフトやツールが充実している現在でも、なぜかそこにはお金をかけずに時間だけが無駄に過ぎてしまい諦めてしまう

 

・もともと楽して稼ぎたいというスタートのため、成長する速度が遅すぎて諦めてしまう

 

 

などなどいろんな要素がありますが、要するに気持ちの問題です

 

 

今は作業を楽にしてくれるツールやソフトありますし、私が一番苦手としていたサイト作成も、ブログ感覚で簡単に作成出来てしまいます。

 

 

現在はツールが充実していて、本当に稼ぎやすい環境が整っているので、出会い系アフィリエイトを始めるには絶好のタイミングです

 

 

パソコン一台あれば、どこにいても稼げる環境を作ることが出来るビジネスは、現実世界ではほとんどありません。

 

 

歯を食いしばってでも、人生の少しの期間頑張ってみる価値があることは間違いないので、簡単に諦めてしまう人を見ると、ほんとにもったいないと思ってしまいます。

 

 

出会い系アフィリエイトはビジネスであり、あなたは個人事業主である

 

 

たとえ副業でもこの意識を持って、出会い系アフィリエイトに取り組んでみてください。

 

 

この意識を持って続けていけば、脳が意識改革を起こして自然と稼げるマインドになっていきます。

 

 

最初は声に出して行ってみると効果的です

 

 

そのうち本当に稼げるようになっていきます(最初に発言した自分に追いつこうとするため)

 

 

初心者意識を捨て、プロ意識を持って出会い系アフィリエイトに取り組むことが何よりも大切

 

 

私の経験で言いますと、サラリーマン時代に社長の息子がいきなり専務として入社してきて数年、社長になることが決まり、社長に就任して、みんなが「社長」「社長」と元専務を呼んでいくうちに、振る舞いが明らかに社長の態度に変わっていきました(いい意味でも悪い意味でも)

 

 

最初は責任感の欠片もないような、ダメ息子というイメージがぴったりな専務でしたが、社長と呼ばれていく内に振る舞いが社長っぽくなっていったのです(ただ性格は私とまったく合いませんでしたが・・・)

 

 

社長にならなければならないと本人が思って、振る舞っていく内に、本当の社長像が追いついてきた感じでした。

 

 

私も最初はサラリーマン根性がしみついていましたが、出会い系アフィリエイトで身に着けたプロ意識を続けていく内に、プロアフィリエイターとしての行動を自覚し、ビジネスとして成立させなければという責任感が、強い思いとなって行動にあらわれていきました。

 

 

最初からプロ意識を持てと言われても難しいと思いますので、「プロ意識を持って出会い系アフィリエイトを取り組むんだ」と声に出して言ってみることから始めてみましょう。

 

 

そのうち、その発言に追いつこうと脳に刷り込まれていけば、パソコンの前に座った時の動きが変わってきます。

 

 

出会い系アフィリエイトでお金を稼ぐ事は難しいことではない

 

 

これは私や、私がコンサルティングして稼いでいる人達みんなが口を揃えて言っていることです。

 

 

正しい方向で勉強して、正しい道順で出会い系アフィリエイトに取り組めば、出会い系アフィリエイトで稼げないということは考えられない

 

 

なぜなら諦めない限り、すべては成功へのプロセスなのですから・・・

 

 

楽して稼ぐ事は出来ないが、稼ぐ仕組みさえ作ってしまえば、3日に1回ぐらいの更新作業で充分稼ぐ事ができる出会い系アフィリエイトは、魅力的なビジネスモデルなので諦めないで取り組んでください

 

 

それではまた

 

関連記事はコチラ