valley-801747_1280

情報アフィリエイトでお金を稼げるブログを作るには、ヘッドコピーやサブコピーで興味を惹きつけて、文章や記事で小さな納得を積み重ねて信用を勝ち得た段階で、成約に向けてのメッセージを発信していかなくてはなりません。

 

 

検索エンジンのキーワードからたまたまブログへ訪問した人は、興味本位であなたのブログをスクロールしながら下まで眺めてもらうことが第一の壁でした。

 

 

この段階で細かい説明をしてしまうと、読み手は売り込みをされたと感じてしまうことが多く、そのままサイトを閉じてしまう可能性が高くなります

 

 

私がリアルで行っている不動産業でも言えることですが、オープンハウスのチラシを見て来場してくれた興味本位の方に、いきなり細かく建物の構造や建材の種類、工法の話などをしても、ひかれるばかりで次に電話をかけても出てくれることはありません(私はこのようなやり方はしませんが・・・)

 

 

興味を持って来場してくれた方に売り込むのは、それなりに私自身や会社を信用してもらってライフプランを打ち出し、”この人の話なら聞いてもいいかも”と思わせてから始めて建物の説明をしたり、仕様や工法などを話します。

 

 

不動産は一生に一度の大きな買い物と、普通の人は思っているため、いきなり売り込みをしても警戒されてしまいます。

 

 

仮にあなたがたまたま行ったハウジングセンターで必要以上に売り込みをされたらどう思いますか?

 

 

きっといい気持ちはしないと思います。

 

 

読み手の心の準備が出来ていない段階では、売り込みをしてはいけないということが大前提にあります

 

 

自分のブログを客観的に読んでみて、少しでも売り込みを感じたら、その記事や文章は、信用という壁を越えた後に順番を変更する必要があります。

 

 

商材の細かい説明は必ずしなくてはいけない大事な部分なのですが、場所とタイミングが合っていないとただの売り込み記事や文章と捉えられてしまい、成約からは遠のいてしまうからです。

 

 

ある程度商材について興味や信用も出来て、あなたのブログが信頼されている段階になったら、成約に向けて商材の魅力を最大限に伝えていかなくてはなりません。

 

 

ではどのように伝えるのか・・・?

 

 

それは・・・

 

 

その商材を手にした時のメリットを明確にわかりやすくまとめて一気に打ち出すことで、読み手に成功のイメージ掴んでもらう

 

 

という方法です。

 

 

商材のセールスレターでもよく取り入れられている方法ですが、

 

 

例えば、

 

 

・アフィリエイトで稼ぐためのたった一つの真実を公開

 

・月30万円をコンスタントに稼ぐ3つのポイントとは?

 

・始めてすぐに5万円稼ぐ裏ワザ

 

・文章を書くのが苦手なフリーターでも3ヶ月で50万円稼がせたコンサルタントの内容公開

 

 

などなど少し胡散臭くなってしまいましたが(笑)

 

 

このように10~30ぐらいの商材を手にした後のメリットを、わかりやすくまとめてある情報商材のセールスレターを見たことがある人もいると思いますが、大抵はセールスレターの中盤から後半にかけて使うことが多いです。

 

 

それは、読み手をそのまま成約に向けて、

 

 

今すぐ知りたいメリットを羅列することで一種の興奮状態を作りだすためなのです

 

 

このメリットは多ければ多いほど、読み手を成約に導く可能性が高くなります。

 

 

商材の魅力を最大限引き出すため、明確なメリットを様々な角度や切り口を変えて伝えていき、その数が多ければ多いほど、読み手の知りたい情報に当たる確率が上がり、行動を起こしやすくなります

 

 

商材を手にするメリットの内、1つでも読み手の心に突き刺さる文章やどうしても知りたい情報があると思わせることが出来れば、読み手はその情報を知りたいがために行動を起こすでしょう。

 

 

あなたが知り尽くしている価値のある情報商材で、その情報商材を親友に手にしてほしいと思った時に思い浮かぶメリットや、手にした後の成功イメージを項目としてどんどん書いていってください。

 

 

そのコピーが一番成約の取れる文章になったりします。あくまでブログを読んでいる一人の読者(親友)に向けて伝えるイメージで書いてください。

 

 

成約に向けて今すぐ行動をしてもらうためには、最も有効な手段の一つです。

 

 

実践してみてください。

 

 

わからないことがありましたらいつでもご質問ください。

 

 

ネットでの作業は孤独になりがちなので意気込みや決意も大歓迎です。

 

 

それではまた

 

 

桜井良平

関連記事はコチラ