dandelion-463928_1280前回情報商材のメリットをお伝えさせていただきましたが、情報商材もいい面ばかりではありません。

 

 

今回は情報商材のデメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

情報商材のデメリット

・本屋で売っている経済本などに比べて価格が高い

 

 

まず最初に思いつくデメリットではないかと思います。

 

 

初心者の人やアフィリエイトを始めたばかりの時、ほとんどの人は初期投資を嫌がります。(リアルビジネスで起業することを考えれば100分の1ぐらいの出費ですが・・・)

 

 

本屋で売っているような経済本や自己啓発本は、1500円ぐらいから高くても3000円前後なのに対して、情報商材は安くて3000円ぐらいから高いと10万円を超えるものもあり、平均すると1万円以上する商材がメイン価格帯になるのです。

 

 

なぜ金額にこんなにばらつきがあるのかというと・・・

 

 

情報商材の価格設定はインフォプレナー(情報企業家)自身で売れると思った金額で自由に設定することが可能なためです。

 

 

価格にはトレンドがあり、安すぎても売れませんし、高すぎても数売れなくなるので、情報に自信のある販売者は強気の価格設定にして、数を売りたい販売者は価格を抑えて販売することが多いのです。

 

 

私がインフォプレナーとして情報商材を販売していた時は、19800円や29800円などの金額が多かったので、そのあたりの金額を参考にして値付けしました。

 

 

本屋で売っている本とは比較できないぐらい実践的なノウハウが手に入るので元を取ろうと思う人と、これをステップに何千万と稼ごうとしている人では後者の方が結果を残しやすい傾向にあります。

 

 

価値のない情報をあたかも価値のある情報のようにセールスレターに書いて販売するインフォプレナーが横行していて、今は落ち着いてきた印象がありますが、商材を見極める目を持つことが大切になってきます。

 

 

・詐欺のまがいの価値のない情報商材が当たり前のように販売されている

 

 

インフォトップというASPが情報商材を扱う中で審査が厳しく、最も信頼されているASPと言われていますが、中にはインフォトップの審査を潜り抜けてきた価値のない情報商材も結構あります。

 

 

詐欺とまではいかないまでも稼げる金額が少なかったり、一昔前に流行った方法だったり(アメブロノウハウやmixiノウハウなど)して再現性が乏しいものも散見されます。

 

 

ただセールスレターで引き込む力はあるので、ゴミのような商材を買ってしまい、稼げない初心者アフィリエイターが後を絶たないのです。

 

 

ここで騙されて奮起する人はまだ見込みがあるのですが、お金をゴミ商材販売者に巻き上げられてアフィリエイトを諦めてしまってはとても勿体ないです。

 

 

アフィリエイトには無限の可能性があるので、情報商材購入時は、本質を見極める目を持って十分に検討してから購入してください(最近はそこまであからさまな詐欺商材は減ってきています)

 

 

情報商材がすべて詐欺商材というわけではなく、優良な情報商材も少なからず存在します。

 

 

その商材を手に入れて愚直に実行すれば、確実に稼げる力が身に付くことは、私の体験が証明しています。

 

 

情報を売るビジネスは形がないため、あやしいと思って最初から敬遠してしまう人がいるかもしれませんがそれは違います。

 

 

どんな世界でも情報を制する者が勝つのです。これは歴史が証明しています。

 

 

情報を売るというと胡散臭く感じてしまうかもしれませんが、現実世界で誰しも人より有利に事をすすめるために、多かれ少なかれ情報を買っているのです。

 

 

いい大学に入るために家庭教師を雇い、偏差値の上がるノウハウを買っている、人より水泳がうまくなるためにスイミングスクールに通い、早く泳げるノウハウを買っているのです。

 

 

人は、誰かより優位に立つためにあらゆる情報を買って生活しているのに気が付いていないだけで、かなり情報にお金を出しているのです。

 

 

情報を売るビジネスは、その対価としてお金をもらっているわけで、それ以上の金額稼げるようになれば誰も文句はないわけです。

 

 

そこにつけ込むように、詐欺まがいの情報商材が横行しているため、情報ビジネスの印象がよくないということも事実です。

 

 

ただお金を稼がせるために真剣に自分の持っている情報を出し惜しみすることなく詰め込み、メールサポートに親身になって答えてくれるインフォプレナー(情報企業家)も存在します。

 

 

購入者専用の掲示板やフォーラムで交流する場を作ったり、誠実に取り組んでいる人の情報商材は長い期間売れ続けて残っています。

 

 

塾の先生にもランクがあり、人気の先生の講義は満席になる反面、人気のない先生の講義はガラガラです。

 

 

“本気で稼がせる気持ちのあるインフォプレナーを見抜く目を養うこと“

 

 

これは情報商材に限らず、現実世界でも言えることです。

 

 

いい先生に出会えたら、いい大学に入学する確率は格段にアップするのです。

 

 

セールスレターを何本か読んでいけば、自然と詐欺まがいの情報商材を見分けられるようになりますので心配はいりません。

 

 

情報アフィリエイトをするにあたり、詐欺まがいの情報商材は絶対扱わないようにしましょう。それが長い目で見て稼ぐことが出来る秘訣です。

 

 

・情報商材を購入するまで中身を確かめることが出来ないため、セールスレターで判断するしかない

 

 

情報商材は稼げるノウハウが詰め込まれているため、本屋での立ち読みのように中身を確認してから購入することが出来ません。

 

 

そのためセールスレターで中身を想像して自分に合いそうか判断しなくてはいけないのです。

 

 

情報商材の性質上、中身がわかってしまったらその情報の価値がなくなってしまうので、仕方がないことなのですが、初心者にとって中身がわからないのは大きなデメリットです。

 

 

この部分はセールスレターを読み慣れてくると、ある程度詐欺まがいの情報商材か優良な情報商材か判断できるようになりますので、心配しなくても見分ける力はつきます。

 

 

詐欺まがいの情報商材を販売しようとしている販売者の情報商材は、片手間で騙す気満々なので、文章が稚拙で内容が胡散臭いため、すぐに見分けられるようになります。

 

 

また怪しい商材を販売している人には特徴があるため、情報アフィリエイトを始めれば嫌でもわかるようになってきます。

 

 

ただ初心者の人が詐欺まがいの情報商材を買ってしまうと、稼げない上に数万円損してしまうため、ネットビジネス自体諦めてしまうのが一番もったいないことです。

 

 

・稼げない情報商材を購入してしまうと金額以上にモチベーションと時間を失ってしまう

 

 

情報商材の中でも詐欺まがいの情報商材を手にしてしまうと稼げません。

 

 

真面目な人ほど真剣に全精力をかけて取り組んでしまうため、稼げないと気が付いた時のダメージは計り知れないものがあります。

 

 

本人のモチベーションが低下してネットビジネスから撤退してしまっては一番もったいないです。

 

 

詐欺まがいの情報商材を購入してしまったら、高い勉強代だと切り替えて、次に向かう勇気も必要なスキルです。

 

 

いつか必ず稼ぐんだという気持ちがあれば、いつかは必ず稼げます

 

 

私ほどネットビジネスで失敗している人もいないと思いますので諦めなければ、間違いなく稼げるという事実を私の体験をもって証明しています。

 

 

一番もったいないのは“時間”を無駄に使ってしまうことです。

 

 

稼げない商材は稼げない・・・そこを割り切って次に進んでいきましょう。

 

 

私のブログでは、私が実践して実際に稼げた商材以外紹介していませんので安心してください。
あなたにもそんなアフィリエイターを目指してもらいたいと思います。

 

 

わからないことがありましたらいつでもご質問ください。

 

 

ネットビジネスは孤独になりがちなので・・・

 

 

それではまた

 

 

桜井良平

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます