oy151013510323_tp_v

サラリーマンの収入のみに頼って生きてきた男とアフィリエイトを始めた男の結末とは?

 

 

先日、私の昔の会社の同僚が入院したという連絡を受けて、お見舞いに行ってきました。

 

 

その時の感じたことをシェアしたいと思います。

 

 

その同僚は私と同い年で、未だにブラック企業にしがみついているので、ある意味根性あります(笑)

 

 

私のプロフィールを読んでくれている人は知っていると思いますが、私が最後にサラリーマン生活をした会社は不動産会社です。しかも昭和の雰囲気漂うゴリゴリの営業会社・・・

 

 

給料は歩合制なので、固定給部分は例え60歳まで働いても上がることはありません。

 

 

休みも週に1日のみで、年間休日は55日前後・・・

 

 

もし家が売れなかったら手取りは11万円前後・・・

 

 

3ヶ月家が売れなければ、事実上クビ・・・(新規のお客さんを対応させてもらえなくなるのでそのまま辞めざるを得ない)

 

 

という環境です。

 

 

私はこの会社にいる時には常に「もし病気になって入院でもしたら終わりだな・・・」と思っていました。

 

 

私はその環境のおかげで尻に火が付き、ネットビジネスで稼げるようになったのですが、未だに会社に残っている同僚もいます。

 

 

その同僚は、過酷な労働環境でとうとう体を壊して入院してしまいました。

 

 

入院している元同僚を訪ねていった時に感じたことを書きたいと思います。

 

 

元同僚のお見舞いに行って感じたこと

 

 

1、サラリーマンやフリーターは体を壊したら終わりだが、アフィリエイターは入院していても稼げる

 

 

元同僚はアフィリエイトもネットビジネスもしていないため、お金がなく、無料の6人部屋で入院していました。

 

 

しかも貯金もほとんどなく、医療保険にも入っていないため、手術代を払ったらお金がなくなり、その後は親に頼るしかないそうです。

 

 

有給も取れないので、今月の給料は5~6万円ぐらいになりそうとのことでした(もちろん会社からのお見舞金はないそうです)

 

 

30代後半で親に頼りながら、ブラック企業にしがみつく恐ろしさを改めて感じました・・・

 

 

彼は再就職も考えているそうですが、資格もないので、中々いい就職先が見つからないとのこと・・・

 

 

老後の心配というよりも、3ヶ月先さえも見えないと嘆いていました・・・。

 

 

これがブラック企業に努めるサラリーマンの結末か・・・

 

 

あの時アフィリエイトをしていなかったら私もこんな悲惨な状況になっていただろう・・・

 

 

そんなことを思いながらも、元同僚がかわいそうになり、お見舞金をかなりたくさん包んでおきました(笑)

 

 

管理人はなぜ元同僚にアフィリエイトを教えないのか?

 

 

彼にアフィリエイトを教えない理由は、彼がアフィリエイトやネットビジネスでお金を稼ぐということを信じていないため・・・

 

 

簡単に言えば、彼はお金を稼ぐ準備が出来ていないのです。

 

 

私のブログに辿り着いて、しっかり私のブログやメルマガを読んでくれている人は、アフィリエイトで稼ぐ準備が出来ています。

 

 

なぜならアフィリエイトの可能性を信じて、挑戦しようという意気込みがあるからです。

 

 

元同僚はアフィリエイトを怪しいビジネスと最初から決めつけ、まったく聞く耳もたなかったのです。

 

 

こういう人にアフィリエイトを教えても稼げないため、管理人は敢えてアフィリエイトを教えていません。

 

 

アフィリエイトで稼ぐには、アフィリエイトで稼ぐ準備が出来ているかどうかが重要なのです

 

 

といっても、アフィリエイトは稼げると信じて、やる気満々で突き進むだけですけどね(笑)

 

 

2、入院中はアフィリエイターにとって最も集中できる環境がある

 

 

元同僚は無料の6人部屋だったので、入院者の質も悪く、かなり劣悪な環境でしたが、たった1万円出すだけで個室に入れるそうです。

 

 

個室をチラッと見せてもらいましたが、パソコンとネット環境(Wi-Fi)があれば、アフィリエイトするにはベストな環境だと感じました。

 

 

入院中は、基本的にはめちゃめちゃ暇のようなので、診察時以外ものすごい時間があるようです。

 

 

ということは・・・その暇な時間でアフィリエイトに専念すればかなり集中して稼げそうです。

 

 

・入院中はやることがないのでアフィリエイトをする

 

・個室を借りれば起床から就寝までひらすらアフィリエイト集中できる

 

 

これは雑念と戦う専業アフィリエイターにとっては、最高の環境ではないでしょうか?

 

 

私も時間があるとすぐに旅行に行ってしまうので「もし入院したらアフィリエイト合宿のような環境で稼ぎ放題だ」と前向きにとらえました。

 

 

元同僚は将来を悲観し、現状を自分で打破する気持ちがないのでどうしようもありませんが・・・

 

 

このブログを読んでやる気になっている人は、さらにブログとメルマガをしっかり読んで、自分の力で現状を打破してください。

 

 

ブログを読むのも、メルマガを受講するのも無料です。

 

 

思い立ったら気持ちが冷めない内にアフィリエイトを始めてください。

 

 

アフィリエイトなら、3ヶ月あれば人生が変わるきっかけが掴めます。

 

 

年齢も性別も学歴も関係なく稼げるのが、アフィリエイトの魅力です

 

 

アフィリエイトを始めるのに遅いということはありません。

 

 

元同僚のように将来を悲観しながら、何にもしないのが一番ダメです。

 

 

「あの時アフィリエイトを始めてよかった」と私は心から思っていますし、サラリーマン時代では考えられないような大金を毎月稼いでいるので、何の未練もなくサラリーマンをやめました。

 

 

私に出来るのですから、あなたにも出来るはずです。

 

 

頑張っていきましょう。

 

 

それではまた

 

関連記事はコチラ