owl-824696_1280

2006年初めにネット株で失敗し、全財産が30万円を切ってしまったことで、このままでは生活できないんじゃないか?と真剣に考える日々を過ごしていました。

 

 

毎日減っていく銀行の残高に生命の危機を感じ、ネット株で稼ぐことを諦めて再就職活動を始めることに・・・

 

 

人は追い込まれると弱いものです

 

 

最近、アフィリエイトを始めたばかりの人からメールをいただく機会が増えたのですが、その中には「仕事をやめてアフィリエイト一本でやっていきます」や「嫁も子供もいますが仕事やめてきました、アフィリエイト頑張ります」「自分を追い込むために今日仕事やめました」など鬼気迫る決意表明メールをいただきます。

 

 

私の考えではサラリーマンなど安定した収入がある間の方が、金銭的に余裕をもってアフィリエイトに取り組めるため稼ぎやすいと思っています。

 

 

時間的な余裕は確かになくなってしまうかもしれませんが、1日1記事でも書き続けていけば必ず稼げるようになりますし、グーグル検索のサイト評価も平均3か月はかかりますので価値のある記事を1記事づつ丁寧に書いていけば、いつかは必ず報われます。

 

 

会社をやめてしまうと収入がなくなってしまう人も多いと思います。金銭的な面でだんだんと追い込まれていくと心に余裕がなくなっていきます。

 

 

そこで一番の敵が現れます。

 

 

それは・・・

 

 

”焦り”です

 

 

余裕がなくなって焦りが出てくると、人は冷静な判断を出来なくなってしまいます。

 

 

その状態でネットで簡単に稼げますよ的な文章を読んでしまうと、ネットで稼げていないことへの焦りから”稼ぐことの出来ない情報商材”に簡単に騙されてしまいます。(私がそうでした・・・)

 

 

ある程度余裕を持って、正しく判断できる精神状態を維持することが、長い目で見て稼ぐ事の出来る思考を生み出します。

 

 

自分を追い込むことは人生のある時期には大切なことだと思いますが、仕事をしながらアフィリエイトをしている人の方が、ある意味では睡眠時間を削ったり、家族との時間を割いているので、追い込んでいるように思います。

 

 

アフィリエイトで焦ってもなかなか結果は出ません。継続してやっているとある月から急激に収入が増えていく・・・そんなイメージです。

 

 

大切なのは”継続”です

 

 

諦めない限り、ネットで稼げないということはありえません。(特に今は環境が整っているため稼ぎやすいです)

 

 

 

話を戻しまして、再就職活動を始めた時は、20代半ばで若さもあり、デイトレーダーをしていた時の暇な時間に、宅地建物取引主任者という不動産で欠かせない資格とファイナンシャルプランナーの資格を取っていたので、すぐに就職先が決まりました。

 

 

前の会社でお世話になっていた方の紹介という形(いわゆるコネ)で、同じ県内なら誰もが知っている大手不動産会社に就職し、そこで不動産売買・仲介・競売・任売・投資物件など、不動産のあらゆることを学ぶことが出来ました。

 

 

特に大手ということで、不動産の調査や契約書のチェック体制は、2重3重のチェック体制、お客さんの数も圧倒的に多く、任される案件の多さから不動産の知識や経験は爆発的に増えました。

 

 

その代り、帰りは終電や始発になることも度々ありましたが、若さと勢いで乗り切っていたことを思い出します。

 

 

この会社で得た知識、そして不動産業務を一通り体験出来たことで、後々インフォプレナー(情報企業家)として不動産商材である第2弾不動産売買編と第3弾1棟アパート・マンション投資編の商材ノウハウを学ぶことが出来ましたが、それを生かすことになるのは少し先になります

 

 

同年代の仲間も多く、勢いのある会社だったのですが、歩合率が低く、給料は安かったので、極貧生活でした。それでもそれなりに充実した日々を送っていましたが、夜寝る前になるといつも将来の不安が頭をよぎっていました。

 

 

「このまま年を取っていっていいのだろうか?」「体が動く内はいいけど体が動かなくなったら貯金もないから生活出来ないな・・・」「今の収入では結婚は出来ないな・・・」「老後は退職金もないから地獄が待っているのかな?」

 

 

といろいろ考えすぎて眠れない時もありました・・・。

 

 

ライフワークであるネットビジネスはというと、ネットで稼ぐ事を諦めていたわけではなかったので、いろいろな方法を模索しながら、主に生活のためにヤフオク転売をメインに家にあるものを出品しまくっていました。

 

 

元々、本が大好きで(漫画がメイン)家には手塚治虫や上村一夫、楳図かずおや藤子不二雄など昔の漫画本が約5000冊あり、ゲームも大好きで特にファミコンソフトをフリーマーケットで安く買いたたいていたので800本近く持っていて、結構レアなものをたくさん持っていました。(そういうものを買ってしまうからお金が貯まらないという話もありますが・・・)

 

 

コレクターってわけではありませんが、苦労して集めたものを売るのは結構辛い作業でしたが、お金はないけど売るものたくさんあるという状況で、買い取り屋に持っていっても、二束三文にしかならないため、すべてヤフオクで高く売るために試行錯誤する日々が始まります。

 

 

そこで気が付いた事・・・それは・・・

 

 

ヤフオクで売れないものはない

 

 

ということを実感しました。

 

 

壊れたプレステ2でも割れたゲームソフト(ゲーム出来ない)でも売れました(笑)

 

 

しかも、写真の撮り方や文章の書き方次第で、落札金額が大きく変わることに面白さを感じていて、生活のためとはいえヤフオクにどっぷりはまり、当時ゲームソフトの限定品やCDの初回限定盤を中心に仕入れて、月20万円前後コンスタントに稼げるようになってからは、これで食べていこうかと本気で考えていました。

 

 

今思えば、定価15000円のPSPを、1年間使って中古でヤフオクに出品した時に、写真や文章にこだわって、買い手がほしくなるような文章を考え抜いて出品した結果、20000円で落札された時に、文章の力、コピーライティングの大切さに気が付いていたのかもしれません。

 

 

ただ真剣にコピーライティングを勉強し始めるのはここから8年後・・・

 

 

ずいぶん時間を無駄にしたなと我ながら思います・・・

 

 

今もし昔に戻れるなら、自分自身に1番先にまずコピーライティングを学ぶように伝えると思います

 

 

新品で15000円で買うことの出来るPSPが、1年間使用後の中古PSPをヤフオクで出品し、写真とコピーにこだわるだけで定価以上で売れた経験が私には衝撃で、ネットで稼ぐ面白さを教えてくれた出来事でした。

 

 

その後も限定品を狙うことで定価の2倍3倍は当たり前で売れていくヤフオクで、お小遣い稼ぎをするのですが、仕入れの労力と出品の手間や配送手配など肉体労働的な部分が多いこともあり、お小遣い稼ぎ程度にセーブして、生計を立てようとは思わなくなっていました。

 

 

現在、せどりのノウハウはたくさんありますし、ネットで仕入れてネットで販売してしまうノウハウなどもあり、魅力的な商材も少なからずあります。

 

 

初心者の人がネットビジネスですぐに結果を出したいなら、せどりは最も簡単な方法の一つだと思います

 

 

買った値段より高く売れれば、利益が出るのでわかりやすいです。

 

 

ある程度稼ぎたい場合は、それなりの資金力が必要になりますが、月5万円ぐらいの利益を出すぐらいなら比較的簡単に達成できるでしょう。

 

 

ただ私は今の所本業としてやりたいと思いません。(今でもたまに家でいらなくなったものを出品してヤフオクで稼いでいますがお小遣い程度です)

 

 

なぜならコピーライティングに出会い、資産構築型アフィリエイトを始めて、少ない労力でレバレッジを効かせて大きな結果を導き出す方法を知ってしまったから・・・。

 

 

その方法はこのブログにすべて書いてあります。

 

 

私のように長い期間ネットビジネスの海をさまよう必要はありません。

 

 

最短で3ヶ月、サラリーマンなら半年取り組むことが出来る気持ちがあれば、稼ぐ事が出来るようになりますし、サラリーマンの月収ぐらいならそんなに難しい話ではありません。

 

 

継続することと諦めないこと

 

 

この2つを守ることが、ネットで稼ぐ一番の近道かもしれません。

 

 

私もネットで稼げるようになる間、10年間紆余曲折ありましたが、一度も諦めたことはありません(休んでいた期間はありますが・・・)

 

 

「これだ」というネットで稼げる方法を見つけたら、その方法を稼げるようになるまで継続する

 

 

やることはこれだけです。

 

 

ネットで稼げる方法はこのブログを参考にしてください。

 

 

私の経験からいろいろ試して、実際に稼ぐことが出来た本当に使える厳選された方法のみ紹介しています。

 

 

わからないことがありましたらいつでもご質問ください。

 

 

ネットビジネスは孤独になりがちなので、人と少しでも交流するとモチベーションアップに繋がります。

 

 

私の失敗の経歴を参考にして最短ルートで稼いでください。

 

 

それではまた

 

 

桜井良平

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます